オンライン診療システムを徹底比較!口コミで評判のシステムをピックアップしてご紹介します。

オンライン診療の保険証の確認方法は

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/16

最近、注目を集めているオンライン診療は、体調不良のときにわざわざ外出しなくていいので、患者側にもメリットが多い診療方法です。しかし「まだ普及してきた段階なのでよくわからない」と躊躇する患者も多いでしょう。そこで今回は、オンライン診療の流れの中で、保険証の確認の行い方にスポットを当ててチェックしていきましょう。

保険証確認は保険診療に欠かせない

診療報酬には保険適用の治療と自由診療があります。自由診療は病院側が自由に料金を決めていいので、全額患者負担ですから保険証の確認は不要です。一方で健康保険に加入している人の保険料でカバーされる一般診療は、無駄使いや不正がないように保険証の確認が必須です。

この情報で病院は治療代金を請求できるので、事前に確認が必要になります。ですから、確認しないと治療自体が受けられないというケースも多く、オンライン診療の場合はどのようにチェックするのかは気になるところです。

実際に対面して目の前で見ることができませんから、代わりになるような仕組みがあるのか、それとも別の手続きが必要になるのかによっても手間は変わってきます。せっかくオンライン診療で待ち時間がなく負担が減っても、保険証の確認で手間が増えては意味がありません。治療の現場はそのように対応しているのでしょうか。大まかな確認の流れを把握しておくと準備もできます。

確認方法はそれぞれ違うので事前にチェックしよう

オンライン診療といっても、対面の診療と同じ位置づけですから保険証の確認は必須です。確認方法は各病院で異なりますが、先に確認が済んでから治療の予約や実際の診療となる場合が多いです。

多くの場合でオンライン診療は予約制ですから、利用するにあたって利用者登録をします。この時点で保険証情報を入力して登録する方法をとっている場合もあります。保険証番号などが必要になりますが、手元に用意しておけば簡単なので時間をとられることはありません。

さらに写真を添付してメールで送って認証してもらうパターンもあります。これなら番号や住所など間違いなく伝わるので確実ですし簡単です。さらに紙に裏表をコピーして郵送やFAXを求める病院もあります。

どの方法にしても実際に病院に出向くわけではないので、遠方の方の利用でも支障はありません。ただし、注意点としては氏名や住所などをしっかりと見えるように記入しておくことや、写真や印刷の場合は見切れないようにハッキリとさせることです。

これらの点に気を付ければ手間もなく最初に登録すればいいので難しいことはありません。また住所や保険証の種類の変更があれば、即変更届を出すようにしましょう。

すぐに利用できるようになるから診察も待たない

保険証の確認も基本的にはオンライン診療ならオンライン上で行います。ですから、確認のために病院に行くこともないですし、診察を依頼したい病院が遠くても利用可能になります。距離に関係なく、スムーズに時間をかけずに確認ができる方法をとっているので、診療を受けたいと思ってから実際の利用開始までも短期間で準備が完了します。

相談したいときにすぐに利用できる仕組みになっているので、手元に用意しておくだけでいいのは負担がありません。事前に興味を持った病院での方法をチェックしておくと安心です。利用の仕方を公開しているので、まずはよく読んで登録を済ませておくようにしましょう。

このほかにも本人確認として、合わせて身分証明書も見せてもらう場合もあります。本人の受診で間違いないか、他人のなりすまし防止のためにも行っている病院が多くなっています。提出の仕方は同じですから、面倒と思わずに確実で安全な診察のために本人確認も行いましょう。

これらがシステムで管理されていると、次に何をすればいいのかわかりやすくて便利です。システムの誘導通りに動けばいいので迷うこともないでしょう。機能で電子データを送るのも簡単ですし、間違いがあれば受け付けないで指摘することもできます。システムなら病院側にとっても受付けの人員が不要になるので効率的に診察に人手を回すことができます。

つまり病院側も患者側もメリットが多いのが、専用のシステムの導入です。わかりやすくて安定したオンライン診療ができるので、これからもどんどん導入がすすみ進化もしていくでしょう。

 

ニーズが高まっているオンライン診療でも、一般の診療と同様に保険治療希望なら保険証の確認は必須です。確認方法は病院によって異なりますので先にチェックしておくと安心です。どの方法でも簡単なのですぐに利用できるようになります。

希望する病院で診てもらうためにも、情報登録を早く済ませておくことがポイントです。また、変更などがあれば、その都度申請して間違いがないようにすれば、診察もスムーズです。わざわざ出向く必要がないので、これからもオンライン診療は注目されるでしょう。

おすすめのオンライン診療システム一覧

イメージ
会社名Kizuna Webオンライン診療システムクリニクスクロンCARADAヤ―ドック
おすすめポイント他社にはない機能が盛りだくさん!複数の医師たちによる丁寧なサポート初期費用と導入費用が無料!直感的に操作でき誰でも簡単に利用可能さまざまな項目を入力できるモニタリング
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめのオンライン診療システム一覧

イメージ
会社名Kizuna Webオンライン診療システムクリニクスクロンCARADAヤ―ドック
おすすめポイント他社にはない機能が盛りだくさん!複数の医師たちによる丁寧なサポート初期費用と導入費用が無料!直感的に操作でき誰でも簡単に利用可能さまざまな項目を入力できるモニタリング
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく