オンライン診療システムを徹底比較!口コミで評判のシステムをピックアップしてご紹介します。

オンライン診療システムを導入すると補助金がでる?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/04

オンライン診療とは、リモート環境を用いて診察をする診療スタイルです。オンライン診療を選ぶ人が増えるのと同時に、オンライン診療システムの導入を検討している病院も増えています。そこで気になるのが費用の問題ですが、導入した場合に受けられる補助金等はあるのでしょうか。

猛威を振るう感染症の中で高まるオンライン診療

これまで病院といえば、直接ドクターと患者さんが顔と顔を合わせて症状や患部の状態などの聞き取り、チェックをして診察を行っていました。現在でも対面での診察が主になっていますが、現在世界中で猛威を振るう感染症対策としてオンライン診療を選ぶ人が増えてきています。

このオンライン診療はスマホやパソコンといった通信機器を利用し、対面ではなく画面を通してリモートでの診察になります。人と人との距離を取り、密集を避けなければいけない今、オンライン診療は患者にとって重要な役割を果たすものでしょう。

現在流行が止まない感染症は、持病のある人など重症化しやすい傾向にあります。しかし持病がある場合には定期的に病院に通わなくてならないため、感染のリスクが高くなってしまいます。

オンライン診療を利用すれば、自宅にいながら診察を受けられることで少しでも感染のリスクを少なくすることが可能です。そのため、利用者が現在増加傾向にあり、今後ますます利用者が増えるのでないでしょうか。

IT補助制度が条件を満たすことで利用可能

そんなオンライン診療ですが、現在一部の病院で導入されています。しかし今後はオンライン診療システムを導入する病院も増え、今以上に利用しやすくなるのではないでしょうか。導入するための費用には、機材費、初期費用、初月分の月額使用料などがかかります。

オンライン診療システムを導入するためにはある程度最初に費用がかかってきますが、病院の費用負担を少なくするために打ち出されたのが補助金制度です。現在、オンライン診療システムを新規に導入する場合には、IT導入補助金制度を利用できるようになっています。

IT導入補助金制度は事務局に登録されているITツールを導入することで、条件を満たしていればその一部を補助金で補うことができる制度です。やはり導入したくても費用がネックになりなかなか導入できない場合もあるかもしれません。

しかしこの制度を利用すれば少しでも導入費用の負担を軽減できるのでおすすめです。オンライン診療は感染のリスクから身を守ることができ、通院の身体的負担を軽くできます。そのため、高齢者や持病のある人を中心に今後もますます需要の増加が見込まれるでしょう。

初期費用だけでなく月額使用量にも注目しよう

なかなか収まりを見えない現在流行中の感染症ですが、対策としては人との接触を避け、手洗いやアルコール消毒の徹底が重要視されています。新しい生活様式の中で、これまでの通院スタイルが変わりつつあるのではないでしょうか。しかしオンライン診療ですべての病気を診ることができるかというとそうではありません。

深刻な症状や命に係わる病気の場合、画面を通してだけでは診断が難しい場合もあります。やはり診察をすべてオンラインに切り替えることは難しく、対面での診察のサポートとして導入することが望ましいといえます。導入するためには専用のパソコンやウェブカメラ、マイクなどが必要になりますが、すべて最初からそろえるとなると結構な金額がかかってしまいます。

加えて月額使用料が発生するため、なかなか導入に踏み切れない病院も多いかもしれません。しかし、そういった場合にIT導入補助金制度が役に立ちます。また、月額利用料に関しては利用するサービス会社によって異なります。システムの中身などによりばらつきがあるので、どこの会社のものがよいのか、しっかり確認することが大切です。

たとえば既存の電子カルテの整理や予約システムの充実など、チェック項目がいくつかあります。やはり利用するためにはシステムの操作の仕方も覚える必要があります。できるだけ早くオンライン診療を運営するためには、利用の仕方がわかりやすいものがおすすめです。複数あるサービス会社のオンライン診療システムの中身をきちんと比較した上で最善のシステムを導入しましょう。

 

感染のリスクを減らすためには人と接触する機会を減らすことが重要です。現在世界中で流行中の感染症は人から人へうつるリスクがあります。そのため、少しでもそのリスクを減らすために対面での診療ではなくオンライン診療を選ぶ人が増えているでしょう。

直接病院に出向くことなく診察を受けることができるので、まさに今の時代に合った診察スタイルです。導入する場合は初期費用や月額使用料などかかりますが、IT導入補助金制度を利用すれば負担額の一部をまかなうことができます。いくつか条件がありますが、それさえ満たせばオンライン診療システムであっても利用できる制度になるので、ぜひ活用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめのオンライン診療システム一覧

イメージ
会社名Kizuna Webオンライン診療システムクリニクスクロンCARADAヤ―ドック
おすすめポイント他社にはない機能が盛りだくさん!複数の医師たちによる丁寧なサポート初期費用と導入費用が無料!直感的に操作でき誰でも簡単に利用可能さまざまな項目を入力できるモニタリング
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく